事例紹介

Samba+OpenLDAP ファイルサーバ導入

案件データ

顧客名 電子関連メーカー N社様
要件 Windows CALの費用を低減するため、SambaとLDAPを使用したファイルサーバの基本構築・設置
技術カテゴリ オープンソース
開発時期 2007年10月

導入システム構成

基本情報

ファイルサーバのOSはRedhat Enterprise Linux SEを使用。ファイルサーバにはファイルサービスとしてSamba+LDAPをインストール。バックアップ用アプリケーションとして、NetVaultのインストールを行います。

Sambaに関しては検討時点で、バージョン3系の動作実績などがすくなく、動作に不安な部分があるため導入時にはバージョン2.x系を使用し、後日、Samba3.0の動作が問題ないと判断できた時点でSamba3.0へのバージョンアップ作業を行いました。

システム構成

opensource_nichiden.gif
  • LDAP及びSambaサーバ DELL PowerEdge 2850 × 2
  • バックアップサーバ DELL PowerEdge 1850 × 1
  • ディレクトリサービス:OpenLDAP
  • ファイルサービス:Samba 3.0.23a
  • バックアップソフトウェア:Bakbone NetVault
  • OS:Redhat Enterprise Linux ES 3.0

導入したオープンソースとメリット

  • ファイルサーバに使用するOSはLinuxになります。
    LinuxはWindowsと比較してセキュリティに強く、システムダウンを極力避けることができます。
  • ファイルサービスとしてSambaを使用します。
    Sambaはオープンソースのファイルサービスになります。Sambaにはクライアントアクセスライセンスが不要になるため、導入コストを抑えることが出来ます。
  • ディレクトリサービスにはOpenLDAPの使用。
    OpenLDAPはオープンソースのディレクトリサービスですので導入コストを抑えることができます。オープンソースですが、パッケージ製品と比較しても機能には何ら問題ありません。

関連技術の紹介ページ

お問い合わせ

Samba+OpenLDAP ファイルサーバ導入に関するお問い合わせはメールフォームにて随時受け付けております。

お問い合わせフォームへ

ページの先頭へ